所長ブログ

海士資産形成研修所の所長ブログ

(34)オーマイガット!

外食費が上がっています。これではもう害食です。 マンハッタンの安いレストランバーで赤ワインをグラスで一杯飲んだら、チップ込みで 30ドルでした。オーマイガットです。 2023年1月からレストランで働く人の給料は20パーセント上昇しています。 …

(33)もうはまだなり、まだはもうなり

これは株式投資の有名な格言のひとつです。 株式相場が大きく上がったり、下がってきたときに多くの人が、かなり上がってきたので、もうこれ以上は上がらないのではないか、と考える人が多いときは、もうはまだで、引き続き上がり、多くの人がまだまだ、上が…

(32)ちょっとヤバイかも?

3週間前に当社のお客様には株式投資の比率を現在の半分にしていただくように助言させていただきましたが、やはり米国株式相場は少しヤバイかもしれません。 投資に関心のない方には理解していただけるように出来るだけ分かり易くご説明します。 米国ではこ…

(31)腸閉塞とプライスレス

今日は8月6日です。広島の原子爆弾で亡くなられた方、その後の後遺症で苦しまれた方に改めて微力ですがその気持ちに寄り添いたいと思います。 わたしは二日前に初めて入院を体験しました。昼にちらし寿司とお稲荷さんを1.5人分食べた後にすぐに横向きで…

(30)鼻に付く

「相手の態度が気になってはいるものの、あくまで直接注意せず、自分の心の中で思っていたり、誰かと悪口を言い合ったりする時に使われます。ネガティブなニュアンスを持つ言葉なので、直接相手に伝えるのは避けたほうがいいでしょう。」 まあ、いろいろな意…

(29)冷やし中華とAI

最近、CNBCを見ているとAI(以後人工知能と書く、英語に転換するのが面倒なので)のニュースや特集で一杯です。話がムズイのでわたしの英語能力では半分もわからない。 今日のランチは、自分で作った冷やし中華でした。出来上がって、最初に麺を食べたときに…

(28)AI恐るべし、いやまだまだか?

下記は当社が投資を助言させていただいている根本の条件(従業員ファーストの経営理念を持つ会社)によってチャットGPTに質問したところの回答です。 質問の中に経営理念を入れなかったミス(入力した人間のポカ 私です)等を考えても、銘柄の中に京セラ…

(27)不審者からの電話について

皆様 お世話になります。当社株式会社海士資産形成研修所は中国財務局に正式に助言業者として登録しているとともに日本投資顧問協会の会員になっています。 協会から下記の注意喚起が来ましたので、当社のお客様とともにフェースブックでのお友達にもお知ら…

(26)20年前に植えた木と助言銘柄のパフォーマンス

写真は、ニュージャージーの我が家の前に息子が生まれた20年前に植えた木です。 1メートルもなかった苗木が現在は2階建ての家の高さに近づいてきています。 下記に令和2年から当社が助言させていただいてきた銘柄リストがあります。 お蔭様ですべての7…

(25)AI バブルそしてマンハッタンのオフィスは?

最近、ニューヨークのダウが下がっているのに、ナスダックが上昇していることが多い。 何故か、わからなかったが、いまは、何となくそうではないかと思えることがある。要するにいま、世の中AI(人工知能)にその可能性を感じているのでしょう。 マンハッタ…

(24)今日は本音でめちゃくちゃ悪い言葉を使います。

アメリカに来て、トータル34年になり、ずーっとそれなりにアメリカの株式相場を見てきました。 最近、アメリカ、「調子乗ってんじゃねーぞ」という感じがしています。 アップルの株式時価総額が1社で365兆円で、この金額は、ドイツの株式マーケットに…

(23)Herstory

最近、この単語を見かけるようになりました。 自分なりに考えている意味合いとして、Historyは男の歴史であり、これからは女の歴史を作っていくことを目指す、と考えています。間違っているかもしれません。 わたしは、会社四季報が新しく出ますとすべての銘…

(22)貸し渋り、貸しはがしはすでに起きている!?

2023年3月22日 シリコンバレー銀行の破綻の影響により、世界中で小さな銀行による貸し渋りが出ているようです。 わたしのワイフの親友がペルーの首都リマで働いています。小さな健康食品会社で働いていますが、オーナーから来週から働いてもらう日数…

(21)シリコンバレーの銀行が破綻――日米の株式相場の行方

2023年3月11日 毎日新聞によると、「米国で預金保護を担う米連邦預金保険公社(FDIC)は10日、カリフォルニア州に拠点を置き新興企業向け融資が中心のシリコンバレー銀行(SVB)が経営破綻し、すべての預金を管理下に置いたと発表した。SVBは1983年設…

(20)ホワイトカラーリセッションと2023年、2024年の米国株予想

2022年12月21日 現在、米国では、リセッションが来るか来ないかで意見が真っ二つに分かれています。 もし、リセッション入りしたら、どんな名前のリセッションになるか考えていましたら、 CNBCの番組で誰かが、ホワイトカラーリセッションという言葉…

(19)ネットフリックスと景気の行方

ネットフリックスの決算が良い。7月・8月と低迷していた新規契約数の伸びが9月はアナリストが予想していた倍近くになったためである。株価もそれなりに上昇している。 しかし、これは自宅(あるいは旅行先、飛行機の中など)で見る人が増えているというこ…

(18)日米株式市場の現状認識と中国の不動産市場について(2022年9月26日)

米国株式市場のダウ30の指標水準が、コロナ前(2020年2月中旬)に戻りました。 先週の金曜(9月23日)に29590で引け、2020年2月12日の29551とほぼ同じ水準になり、コロナのためにばらまかれたお金によるバブルが漸く弾け、これか…

(17)グローバルリセッション

本日は、米国経済動向等をご連絡したいと思います。 先週の金曜日、2022年9月16日にCNBCテレビの経済・株式番組の 中で初めて、“グローバルリセッション”という言葉がコメンテーターから 発せられました。 少し、驚きを持って聞きましたが、このよう…

コロナ日記(16) 石巻にいます。

石巻にいます。 今日は神様に守られた一日でした。 お客さんに会いに来てインターネット証券での株の買い方などを教えさせていただきました。 その前日には、美味しい日本食をお客様の奥様と我が家の家族で食事をしました。ここの日本食は、地元の食材を使っ…

島の駅みやこ in 宮古島

海士資産形成研修所の研修や経理を担当している岡崎です。 現在僕は宮古島に1ヶ月ほどワーケーションで来ていることもあり、所長に代わり今回は宮古島にある「島の駅みやこ」について書きたいと思います。 「島の駅みやこ」 www.simanoeki.net 日本各地に道…

今後の米国株式相場の見通しについて(2022年6月17日)

忘備録としてコロナ日記に掲載させていただきます。 昨日のFRBによる0.75%の金利引き上げを受けて、本日はかなり株式相場が下落しました。 少し長い目で米国株式相場を見てみたいと思います。 ・経済はリセッションになるか? (ハードランディングにな…

コロナ日記(13)

米国の株式相場が本格的に下がりはじめてきています。 当社のお客様には、タイミングを見て米国相場や日本の日経平均市場の予測などををメールさせていただいています。 以下の①は2021年10月14日配信 ①結局は、金のバラマキをどこかでストップしなけ…

(12)ロシアの侵略

ウクライナへの侵略が始まって1か月以上になってきました。 こんなことが許されていいのか、とうのが戦争です。旧ソ連が第2次戦争終結直前に不可侵条約を破って中国や択捉などの島に侵略してきました。 それ以来、北方4島はロシアに取られたままです。 ウ…

(11)コロナのおかげで毎日、散歩しています。

盛和塾機関誌全156巻を読むマラソンを完走しましたので、コロナ日記に 掲載させていただきます。 機関誌マラソン兄弟の皆様 先日、ホテルの周りを散歩していまして、1万歩歩くためにいろいろな路地を彷徨っていましたら、急に空き地が出てきて、空き地の…

コロナ日記(10)オミクロン株が出ました。

2021年12月12日に米国のニュージャージーを出発、13日に成田に到着。ニューアーク空港を午前11時30分に飛び立つ飛行機でしたので、10日の午前11時30分以降にPCR検査をしなければなりませんでした。結果を出入国管理が指定する紙に医…

コロナ日記(9)米国株式はどこへ行くのか? 

新型コロナで株価は世界的に下がりましたが、いま、大きく戻して、米国のナスダックなどは 歴史的な高値を更新しています。 3月に大きく下がったとき、その後、下げの反動で戻り始めたときにほとんどの人は短期的な戻りで再度下がり、W底を付けると思いまし…

コロナ日記(8)67歳のホストクラブデビュー

夜の街の関係の方々のコロナ感染が増えているようです。 この日記の(1)で書きましたが、わたしはすでに感染して抗体をもっていますので、もし、ホストクラブで人材が足りない場合は、ホストデビューをしてもいいかな、と考えています。結構、しゃべりはう…

コロナ日記(7)66歳の起業 後編の2

島根県隠岐郡海士町にリモートオフィスを作り、2020年9月に海士資産形成研修所という株式会社を設立しました。 現在、中国財務局に正式に投資助言業務を行う会社として登録準備中です。2020年度内には登録終了できると考えています。 この会社では…

コロナ日記(6)66歳の起業 後編の1

「塾長、なぜ、中国に盛和塾を作られたのですか?」 塾長は、「いずれ、なにが起こるかわからないから、日本と中国が草の根レベルで仲良くしておいた方がいいのでは。」と答えてくださいました。 そこで、目が覚め、数日後に、そうか、まだ、引退できない。…

コロナ日記(5)66歳の起業 前編

66歳で起業しました。 2018年の3月に経営理念ファンドという器で運用していた資金をお客様にすべて返却いたしました。2005年から始めた約14年近く運用していたことになります。主に旧盛和塾生の上場企業に投資するファンドで、従って、経営理念…