所長ブログ

海士資産形成研修所の所長ブログ

(18)日米株式市場の現状認識と中国の不動産市場について(2022年9月26日)

米国株式市場のダウ30の指標水準が、コロナ前(2020年2月中旬)に戻りました。

先週の金曜(9月23日)に29590で引け、2020年2月12日の29551とほぼ同じ水準になり、コロナのためにばらまかれたお金によるバブルが漸く弾け、これから本格的に金利上昇による株安が始まると予想されます。

現在の米国経済は経済自体がコロナに感染したようでインフレーションという高熱を

下げるために、金利をどんどん上げ(熱さましの薬を6時間毎に飲み、しかし、

インフレーションという経済の体温が下がってきていない)その効果を期待しているところです。

日本の株式相場の日経平均は、2020年2月12日は、23861でした。現在は2022年9月26日現在で26431と下がりきっていません。

しかし、これをドルベースで考えてみると、2020年2月の時点の23861の日経平均を当時の円110円で割ると216ドルになります。現在の日経平均の26431を144円で割ると183ドルになります。

従いまして、ドルベースの投資家は約15パーセントほど、マイナスになっています。

ここで注意しないといけないのは、インフレーションという指標は遅行指標(例えば3か月から6か月前の指標が現在の数字となって出てきている)なので、現在の景気の状態を先行して表していないのです。

実際にオイルや天然ガスの値は高値から30パーセント近く下落しているのです。

連邦準備制度理事会のパウエル議長は、ここでなにもしないで、そのままインフレーションが

治まってきてしまったら、面目丸つぶれになるので、躍起になって金利を上げているのです。

米国経済がリセッションになってもインフレーションを抑え込んだという印象が欲しいのだと思います。

米国の経済がリセッションに陥るとそのマイナス幅にもよりますが、グローバルリセッションにつながると言われています。

一方で世界で2番目に大きい経済の中国では、不動産市場が大変なことになっています。

8月の住宅の売り上げは前年同月比で30パーセント下がっており、価格もマイナスになっています。(前年同月比)住宅投資も14パーセント減少しているとのことです。

不動産関係で中国GDPの25パーセントを占めています。

ハンセン指数は、この2年で最安値を付けており、下げ止まっていません。

従いまして、しばらくは米国と中国の株式相場をいままで以上に注意深く見ておく必要があると思います。

以上

(17)グローバルリセッション

本日は、米国経済動向等をご連絡したいと思います。

 

先週の金曜日、2022年9月16日にCNBCテレビの経済・株式番組の

 

中で初めて、“グローバルリセッション”という言葉がコメンテーターから

 

発せられました。

 

少し、驚きを持って聞きましたが、このような発言が人々の景気に対する見方を

 

変えていくことが、結構あります。

 

米国景気の足元を見てみますと、インフレ率は高止まりをしており、

 

雇用も引き続き堅調を維持しています。

 

金利は大分上昇してきて、米国債10年物は、3.44パーセントになってきています。

 

また、連銀による0.75パーセントの引き上げが実施されれば、

 

更なる金利上昇が予想されます。

 

一般に30年物のモーゲージ(住宅金融)の利率が6.5パーセントを上回ってくると

 

住宅価格は下がり始めると言われています。現在は6.3パーセント程度ですが、

 

上回るのは時間の問題です。もちろん、家の値下がりは時間的ラグがあり、すぐには

 

下がりませんが、下がり始めると家を担保にお金を借りている人の消費活動が

 

鈍り始めます。

 

話が、長くなりましたが、お客さまには、このグローバルリセッションという可能性を

 

頭の片隅に入れていただき、今後の投資活動を行われることをお勧めしたいと思います。

 

また、米国経済や株式相場に変化の兆しが出てきましたら、ご連絡いたします。

 

今後ともよろしくお願いします。

コロナ日記(16) 石巻にいます。

石巻にいます。

今日は神様に守られた一日でした。

お客さんに会いに来てインターネット証券での株の買い方などを教えさせていただきました。

その前日には、美味しい日本食をお客様の奥様と我が家の家族で食事をしました。ここの日本食は、地元の食材を使って料理しており、わたしの基準では三ツ星です。

そこでアメリカ人のビリオニアーに会いました。彼は日本をふらふらして日本中の美味しいレストランを訪問しています。このレストランに来るのは2回目とのことでした。メキシコに牧場をもっていると言うので、遊びに行ってもいいかと聞いたら「いいよ」とのことでした。

朝にはこのお客さんの漁船に乗らせてもらい、操縦をしました。昨日は大雨、強風で今日は無理と思いましたが、気持ちよく海を散歩出来ました。

わたしの大好きな大相撲の千秋楽を見て、応援している逸ノ城が優勝しました。

優勝インタビューを見た後に女川にあるシーフードピザを食べに行くためにホテルを出たら、

いままで見たこともない大きな虹が出ており、それがなんとホテルの裏にある「大嶋神社」を覆うように出ていました。写真を添付します。

ピザは最高に美味しかったし、女川の新しいモールも素晴らしいの一言でした。

帰りに女川の市長に会うことが出来ました。

この一日は信じられないほど、幸せな日でした。

翌日、石巻の構内に息子がラゲージを忘れたのですが、お客さんにお願いして確保してもらい、草加のホテルに宅配便で送ったいただいた、というオチがありました。

わたしのこのお客さんは、将来、石巻市長になるのではないか、と何故か信じて疑いないのです。

以上です。

島の駅みやこ in 宮古島

海士資産形成研修所の研修や経理を担当している岡崎です。

現在僕は宮古島1ヶ月ほどワーケーションで来ていることもあり、所長に代わり今回は宮古島にある「島の駅みやこ」について書きたいと思います。

 

「島の駅みやこ」

www.simanoeki.net

 

日本各地に道の駅はたくさんあれど、「島の駅みやこ」は日本で唯一の島の駅ということで、宮古島のランドマーク的存在です。

観光で来た際は空港からタクシーで「島の駅まで!」と言えば10分くらいですぐ着きます。

 

「島の駅みやこ」には色々なお店が入っており、宮古島産の食材を一度に手に入れることができます。お土産としての商品も充実しており、また飲食スペースもあるし、お弁当なども購入できるので宮古滞在中僕は普通に日常使いしています(しかも僕の滞在しているマンションから歩いて5分!)。

 

宮古島産トロピカルフルーツがたくさん並んでいて夏を感じました。

 南国の雰囲気満載です。「宮古島来たーっ」て感じです笑


パン屋さんもあります。「食パンのニシザト」。

しあわせのバナナパンを見つけました。早く幸せになりたいので明日の朝ごはんにしようかなと。

 

みやこそば「ちょうじ屋」。

種類も色々とありましたが肉食系の僕は迷わずお肉沢山のちょうじそばを注文。朝から何も食べないで来ていたのですが、期待を裏切らない満足感でした^^

宮古島に到着して早くビーチに行きたい気持ちは分かりますが、まずはここでみやこそばを食べて一息つくことをお勧めしますね。何事も焦ったら負けです。

 

泡盛も色々そろっていました。宮古島に来て泡盛はすでに結構飲んでます。お酒好きなので。

 

島の駅みやこを運営しているのは実はあの「宮古島雪塩」を製造販売している(株)パラダイスプランという会社です。

今日はその経営者である西里社長とお話しする機会を頂きました。午前中の時間帯にお会いしたのですが、色々とお話ししていたらあっという間に時間が過ぎてしまったので次回はぜひ夜の部でご飯をご一緒させて頂きたいです。

 

コロナ禍を乗り越え、宮古島全体で活気を取り戻しつつある中で「島の駅みやこ」は多くの人たちで賑わっており、僕のように島の外からやってくる人が宮古島の特産物を求めて訪れるのと同時に地元の人たちのコミュニティの場となっていました。

 

感謝。

今後の米国株式相場の見通しについて(2022年6月17日)

忘備録としてコロナ日記に掲載させていただきます。

 

昨日のFRBによる0.75%の金利引き上げを受けて、本日はかなり株式相場が下落しました。

 

少し長い目で米国株式相場を見てみたいと思います。

・経済はリセッションになるか?

(ハードランディングになる可能性50%、ソフトランディングが30%、リセッション入りなしが20%)

 

金利はいまから1.5%の引き上げ。

 

・S&P500の株価収益率は、現在の21倍くらいから15倍まで一時下がるが18倍まで戻って落ち着く。

・今回の状況は、2001年のITバブル崩壊のときに似ている。

 

・米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が16日発表したデータによると、米国で最も利用されている期間30年の住宅ローン固定金利が平均で前週比0.50%ポイント超上昇し、5.78%となった。週間の上げ幅として過去35年で最大を記録した。

住宅ローン金利は昨年のこの時期から大幅に上昇している。1年前の30年物固定金利は2.93%だった。

この金利が6.5%に近づくと住宅価格が下がり始めると予想される。

 

・ソフトランディングによる業績の落ち込みは10-15%、

ハードランディングで20-25%。

以上のような前提で、ダウ平均で25,000,S&P500で3,300、

ナスダックで9,100が下げのメドとなると予想します。

 

・どこで株式相場が反転するかは、今後の経済動向、金利政策等様々なことが絡み合って決まってきますが、

これを命中させることが当社の役目の一つと考えています。

 

以上、簡単ですが速報としてお伝えします。

 

島健志郎

株式会社海士資産形成研修所

コロナ日記(13)

米国の株式相場が本格的に下がりはじめてきています。

当社のお客様には、タイミングを見て米国相場や日本の日経平均市場の予測などををメールさせていただいています。

以下の①は2021年10月14日配信

①結局は、金のバラマキをどこかでストップしなければならなくなるかということだと思います。

来月あたりから、米国の連銀は少し蛇口を締める(テーパリングと英語で表現していますが)

と思いますが、現在はインフレ懸念が一時的(サプライチェーンの混乱などにより)と一般に認識されているようです。 

蛇口を締めてもインフレが止まらないと株式相場が感じたときに暴落が来ると予想します。

 

10年米国国債で言えば2パーセントを超えて下げ、3パーセントに近づくようなことがあれば暴落すると思います。

 

現在のところのわたしのフィーリングですが、その他で気が付くポイントが出て来ましたら、報告させていただきます。

 

 以下の②は2022年2月22日配信

➁今日の米国株式相場は今後を予想する動きでしたので、報告させていただきます。

 

朝方からダウ平均は前日比331ドル高まであり、しかし、その後、10年物米国債

 

金利が3%をトライするように2.948%まで上昇すると、ダウは反転、結局前日比368ドル安で引けました。

 

一方でゴールドマンザックスは、リセッション入りの可能性を35%まで高めました。

 

ご案内の様にリセッション入りして、インフレーションが治まっていなければ、スタグフレーションということになります。

 

足元では、労働需給は非常にタイトですが、いつまで続くか誰も予想を述べるエコノミストはいません。

 

米国株式相場は3月の安値に近づき、2番底を形成する過程にあると考えています。

 

また、何か大きく変化があるときにご連絡させていただきます。

 

個人的には、米国が一度リセッションになり、インフレーションが治まる必要があると

 

思います。しかし、サプライチェーンの問題がロシアのウクライナ侵攻で読めない状況です。

 

現在、世界中の商品・製品の12パーセントがどこかの港湾などに詰まっているとのことです。

 

 

日銀の政策が変わらない限り、円安は続くと考えています。(135円くらいまで?)

 

どのような海外投信をお持ちかわかりませんので、退避がいいかはアドバイスできません。

 

もし、日経平均が22000円くらいまで下がったら、絶好の買い場と予測しています。

 

そこまで下がれば、下落リスクは18000円、上昇リターンは27000円で、

 

リスクが4000円、リターンが5000円になります。

 

その時に株価が一株当たり純資産を下回り、利回りが2パーセント以上、過去5年間減配をしていない、

 

PERが10倍以下の銘柄があれば、買いたいと考えています。

 

もちろん、全従業員の物心両面の幸せを追求するという理念を持っているというのが

 

スクリーニングの大前提になります。

以上にように最近は、手前みそになりますが、お蔭様で相場予想が当たるようになっています。やはり45年の日米株式の投資経験が皆様のお役に立てるようになっているようです。(いつまで続くかはわかりませんが。

以上です。

(12)ロシアの侵略

ウクライナへの侵略が始まって1か月以上になってきました。

こんなことが許されていいのか、とうのが戦争です。旧ソ連が第2次戦争終結直前に不可侵条約を破って中国や択捉などの島に侵略してきました。

それ以来、北方4島はロシアに取られたままです。

ウクライナも同じようになったら、侵略勝ちになります。かといってロシアを追い出すために各国がウクライナに侵入して奪還に成功したら、ロシアは核兵器を使うかもしれません。

本当にこのパズルを解くのは難しく、北朝鮮のあのお兄ちゃんを殺しても報復で核を使用するかもしれません。

 

去年の9月にエストニアをはじめ、バルト三国を訪問してきました。バスで各国を回ったときの風景がウクライナの田舎の風景に似ていました。エストニアは国土を奪われても、130万人の国民のデータをすべてバーチャルの世界に確保しているので、国土がなくなっても他の国よりは混乱が少ないということを学習させていただきました。その時は、そんなものかな、と思いましたが、今回のロシアの侵略戦争をメディアで見ているとあながちエストニアの戦略は間違っていないと思うし、そのうち、各国のバーチャルデータを襲う戦争が始まるかもしれません。

 

今回のロシア侵略で亡くなった方、コロナでお亡くなりになった方、各地で起きている震災で亡くなっている方々の人数では計り知れない命の重みをどのように受け止めていいのかわかりませんが、解決策は見つからなくても、必ず世の中はいい方向に行く、ということを信じて生きて行くことが大事であると思います。