所長ブログ

海士資産形成研修所の所長ブログ

コロナ日記(9)米国株式はどこへ行くのか? 

新型コロナで株価は世界的に下がりましたが、いま、大きく戻して、米国のナスダックなどは

歴史的な高値を更新しています。

3月に大きく下がったとき、その後、下げの反動で戻り始めたときにほとんどの人は短期的な戻りで再度下がり、W底を付けると思いました。わたしも同じでした。

しかし、現在の上昇が続くのでしょうか?

投資家は皆、迷っています。わたしは自分の第7感(新型コロナによる新しい生活から発生する第6感に次ぐ感覚らしいですが)によると、11月ころには、いまの水準から最低でも2割は下がっていると予想します。

理由として、

①わたしが長年見ている、30日移動平均からの離れがナスダックで6パーセントを越えてきた。(普通、25日移動平均を使うがわたしは30日を使っている)

 

②大統領選出で、民主党のバイデンが勝っても、トランプが勝っても2割は下がる。バイデンでは、株式相場を支えるのは無理。トランプは第2期でもう意欲がなくなる。

 

③資金の大量供給やゼロ金利でもそろそろ効かなくなる。米政府の借金は既に2019年で23兆ドルで今年は更に拡大する。個人の貯蓄率の上昇。

ここでは、新型コロナがどこまで拡大するかの予測はできませんが、第2波はもう来ているようです。

10月の投資信託の決算などから11月に掛けて下げるのではないか、と予想しますが、

またまた、外れるかもしれません。

コロナ日記(8)67歳のホストクラブデビュー

夜の街の関係の方々のコロナ感染が増えているようです。

この日記の(1)で書きましたが、わたしはすでに感染して抗体をもっていますので、もし、ホストクラブで人材が足りない場合は、ホストデビューをしてもいいかな、と考えています。結構、しゃべりはうまいです。

すでに抗体を持ち、直近のPCR検査で陰性になっているホストと従業員で接客に従事し、お客様も抗体持ちが大分増えてくると思います。

いま、コロナ時代で一番できないことは、くだらないことを言って、肩をたたかれる、頭を空手チョップで割られるようなジェスチャーです。要するにスキンシップです。従いまして、若さや美貌は二の次です。若さや美貌もマスクをしていたら、二分の一ですよね。

 

しかし、マーケティング的には、まだ、感染率が少ないので人数的にこの営業が収益をあげられるか疑問です。

マスクをしていると息苦しいですが、いい点は感染防御と口臭などをあまり気にせずに話せることです。

真剣に夜の街の収益確保や人材維持を何とかしないと、人々の生きがいがどんどん無くなっていきます。

この前、テレビのニュースで芸者さんを束ねるおかみさんがフェースシールドをしているのを見ましたが、マスクとフェースシールドをした芸者さんと野球拳をやりたくないですね。最後にやっと勝ちを取って、着物を脱ぐのかと思ったら、フェースシールドを脱がれたりして。

コロナ日記(7)66歳の起業 後編の2

島根県隠岐海士町にリモートオフィスを作り、2020年9月に海士資産形成研修所という株式会社を設立しました。

現在、中国財務局に正式に投資助言業務を行う会社として登録準備中です。2020年度内には登録終了できると考えています。

この会社では、旧盛和塾生の素晴らしい会社の銘柄助言と旧盛和塾生上場企業90社のうちの50社ほどを選択し、インデックス(京都フィロソフィーインデックス KPIと命名)を組成。証券会社にはこのインデックスに追随する上場投信(ETF)を組成・販売していただきます。わたしどもは、副投資顧問会社として助言したいと考えています。

このETFを投資が未経験の方などに購入していただき、特に若いかたに積立NISAを活用して資産形成と投資の勉強の入り口にしていただければと思っています。海士資産形成研修所という社名はその想いからつけました。

この上場投信(ETF)が大きく育ちましたら、次は中国企業における我々の仲間の企業による上場投信を組成し、最終的には日中の「全従業員の物心両面の幸せを追求している」企業群の上場投信を作ることを目標としています。

66歳の起業編は取り敢えず以上です。

コロナ日記(6)66歳の起業 後編の1

「塾長、なぜ、中国に盛和塾を作られたのですか?」

塾長は、「いずれ、なにが起こるかわからないから、日本と中国が草の根レベルで仲良くしておいた方がいいのでは。」と答えてくださいました。

そこで、目が覚め、数日後に、そうか、まだ、引退できない。わたしにはまだ、やるべきことが残されている、と両腕がしびれるような感覚を伴ってその想いは降りてきました。

 

現在、日本の旧盛和塾生が経営されているあるいは経営されていた上場企業は約90社あります。以前、わたしは、経営理念ファンドを組成して運用を始めるに当たり、塾生企業のモデルポートフォリオを作成。また2000年から2005年までのパフォーマンスを東証一部、東証二部、日経225ジャスダックの株式指標と比較する資料を作成しました。2001年から、ITバブルがはじけて大変な不況が3年ほど続きましたが、3年が過ぎたあたりから、盛和塾生の上場会社のモデル・ポートフォリオは、他のインデックス指標を大きく上回る成績を残しました。

 

これは、不況の時に塾生企業の経営者は、全従業員の物心両面の幸せを追求して、人員削減などもせず、誰にも負けない努力をした証明と考えたわけです。それから15年間、わたしは旧盛和塾生の企業をフォローさせていただき、2001年の時は32銘柄でしたが、いまは90銘柄ほどに企業数が増加しています。

下記にその当時に作成したチャートを添付いたします。ご照覧ください。 

f:id:amafp:20200609223337p:plain

経営理念ファンドのモデルポートフォリオ

 

コロナ日記(5)66歳の起業 前編

66歳で起業しました。

2018年の3月に経営理念ファンドという器で運用していた資金をお客様にすべて返却いたしました。2005年から始めた約14年近く運用していたことになります。主に旧盛和塾生の上場企業に投資するファンドで、従って、経営理念という名前にしていました。

最後の2年だけで約80%の運用益を上げることが出来ました。

投資の神様と盛和塾の学びのお蔭だと考えています。

 

なぜ、ファンドを償還したかというと、2018年の1月に65歳になったこと、2020年のオリンピック前に日本株式はピークを打つのではと感じていたからです。

 

それから1年近く、ゆったりとした生活をしている日の夜、稲盛和夫氏と夢の中でお話しをする機会をいただきました。

わたしは、草野球をするようなグラウンドの一塁側か三塁側かわかりませんが、長い6-7段ある階段に一人で、座っていました。稲盛塾長はわたしの左上から降りて来られました。わたしはすぐに立ち上がって挨拶をしたと思います。その後にわたしは、急に質問をしていました。

「塾長、なぜ、中国に盛和塾を作られたのですか?」

塾長は、「いずれ、なにが起こるかわからないから、日本と中国が草の根レベルで仲良くしておいた方がいいのでは。」と答えてくださいました。

そこで、目が覚め、数日後に、そうか、まだ、引退できない。わたしにはまだ、やるべきことが残されている、と両腕がしびれるような感覚を伴ってその想いは降りてきました。

続きは、後編へ。

コロナ日記(4)

実話「お金持ち庭師さんと普通の庭師さん」

今朝、散歩をしていて思い出しました。

いままで、公園が閉鎖されていたので、開放直後は草がボーボーでした。今日は綺麗に芝が刈られていました。

公園担当の庭師さんがやってくれたんだな、と思ったときに昔のことを思い出しました。

1980年に日本からロスアンゼルスに転勤になり、その当時まだ、お元気だった日系新1世の方々が個人客としてわたしが勤めていた証券会社にたくさんいました。

その中の一人で庭師さんですがかなりの金持ちの方がおられました。確か鹿児島出身だったと思います。当時は、鹿児島、広島、和歌山などの出身の方が多く、県人会で大きなお祭りをしていました。

そのお金持ちの一人の庭師さんは、兄弟で別々に庭師をしていました。1980年代は大変な不況でお金持ちも随分と財産を失った人が多くいました。その庭師さんのお客様のうちのひとりは大きな家を持ち、毎月、かなりの庭師代金をきちっと払ってくれていました。ある時から庭師代金の未払いが続きました。しかし、そのお金持ちになった庭師さんは、代金を何か月も請求もせず、もくもくと芝刈りを続けていました。1年近くなったあるときにその家のオーナーが出てきて、いままで溜まっていた代金を支払ってくれ、庭師さんに聞きました。なぜ、あなたはお金ももらっていないのにずーっと我が家の庭の面倒を見てくれたのですか?

庭師さんは、「これがわたしの仕事だからです。」と答えました。

それからその家のオーナーは事業が立ち直り、自分の庭師さんにいろいろなアドバイスを与え、彼は大金持ちになったと聞きました。もう一人の兄弟は、当時、お金をくれない客の庭には行かなかったそうです。

 

いまの、このコロナの時期になにを自分がすればいいのか、お金持ちの庭師さんが教えてくれているのかな、そしてわたしに思い出せてくれたことに感謝しています。

コロナ日記(3)

 DO NOT FIGHT THE FEDという文章を株式投資の世界で最近よく見かけます。日本語で言えば、「連銀(日本銀行の米国版)には逆らうな!」という意味です。

コロナの問題で世界的に不況になっており、それを早く回復させるために金利をゼロにしています。

コロナショックで米国の株式相場は暴落しました。2020年2月12日には29551ドルだったニューヨークダウは、2020年3月23日には、18591ドルまで下げました。率にして37パーセント程下げた計算になります。

しかし、連銀は株式相場を支えるため、米国経済を大不況にならないように金利をゼロにして更にお金を好きなだけ貸しますよ、という姿勢を見せています。それに呼応して、株式相場は5月7日には23875ドルまで戻ってきました。まだ高値まで戻っていませんが、現在の経済状況を考えると大変な反発です。

大変な不況が来ると考え、もっと株式相場が下がるだろうと思い、保有していた株式や投資信託を安いところで投げ売りした人も多いと思います。

一番相場が下がっていたときに投げ売りや空売りをした人たちにとって、連銀には逆らうな!という言葉が身に染みて感じていると思います。株式投資をしたことのない人には難しいと思いますが、要は、金を印刷できるところが一番お金を持っているということを忘れてはいけないのです。

1930年代の大不況のときは、ニューヨークダウは8分の1程になりました。現在のコロナ不況は大不況を上回る不況になるとも言われています。

「連銀には逆らうな!」という文章が今回も引き続き正しいのか、それとも大不況の時のようにダウがなるのか、2年後には結果が出ていると思われます。